10年ほど前から世界中で話題になってきた「This man」の都市伝説。

夢の中に現れる不気味な男がいると、複数人から証言が次々上がり、世界各地のネット上で取り上げられてきました。

「This man」の都市伝説は、様々な憶測が飛び交っていますが、その一つに“アメリカ軍の夢の操作”という説が。

…夢の中の男「This man」と、アメリカ軍の夢の操作とは?

 

スポンサーリンク


夢の中の男・This manの都市伝説

夢の中に出てくる謎の男・This Man。

事の始まりは、アメリカのニューヨーク、2006年のことでした。

ある女性が、ニューヨークにある精神科を訪れ、精神科医にこう訴えます。

「夢の中に変な男がずっと出てくる」と。

医者は、その女性にモンタージュを作成してもらったところ、次の顔画像が出来上がりました。

 

出典:https://twitter.com/i_am_ThisMan

 

男の顔は不気味な感じがしますね…。

また、精神科を訪れた別の患者も、同じ症状に悩まされていました。

モンタージュを作成したところ、なんと先ほどの男と酷似していたのです。

これは変だと思った医師が、別の病院に尋ねると、さらに4人の患者が同じような症状を訴え、同様の男を描いていたことが判明。

さらに、この男の顔をネットで公表し、世界各国に公表したところ…。

イギリス、スペイン、中国、ブラジル、さらには日本でも、「夢でこの男を見た」という証言がなんと3000人以上も出てきたのです。

 

スポンサーリンク


「This man」はアメリカ軍の夢の操作?

この、人々の夢に現れる男・This manは何者なのか?

様々な説が言われていますが、ある恐ろしい都市伝説が語られています。

それが、アメリカ軍による”夢”の操作。

脳は、全て電気信号によって操作されており、怒りや悲しみなどの感情も全て電気信号によるものだと言います。

それは「どんな夢を見るか」というのも同じで、つまり電気信号によって、夢を操作することは可能だとか…?

そのように、人々の夢を操作しているのが、実はアメリカ軍。

アメリカ軍には「超能力部隊」と呼ばれるものが存在し、相手が見る夢を意図的に書き換え、都合の良いように操作しようという試みがされているという話です。

選挙や、戦争などの時、相手に都合の良い行動を起こさせようと、その一環として「This man」を作ったというのです。

 

スポンサーリンク


「This man」とアメリカ軍の関係、信じるか信じないかは…

このように、「This man」が実はアメリカ軍による企みだという都市伝説は、以前「やりすぎコージー都市伝説」で語られたものです。

こういう都市伝説は、信じるか信じないかはあなた次第ですが、もしかしたらそんな事もあるかも…?と思うと興味深いですよね。

 

夢の中の男の都市伝説、This manは、様々な作品の題材にもなっています。

例えば『地獄先生ぬ~べ~NEO』の51話「This Man」、『MOZU』のダルマなどですね。

そして、2017年には『世にも奇妙な物語』で、This manをもとにした「夢男」が放送されました。

こちらは、番組の大がかりな“社会実験”も行われ、話題になりました。

 

世にも奇妙な物語、「夢男」でThis manが登場!

 

スポンサーリンク